Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > ラピスラズリ(連載中) > ラピスラズリ 209 始業前

ラピスラズリ 209 始業前

寂しいなんて、そんなこと思う権利も
私にはないかもしれないのに。

かわいいアイシングが施された
ジンジャークッキーを眺めながら
そういえば昨日、萩原さんも
女性といたことを思い出した。


楽しく過ごしたのかな。
私と違って、不倫ではないだろうけど。

新しい彼女には避妊してあげてほしい…


そんな余計な心配をしていたら、
岡田さんが出社してきた。


「おはよっ、るりちゃん」

「おはようございます」

岡田さんも、私を見て少し
何か思っているようだ。

何も言わないままに着席してしまったけど。

…そんなにメイク濃いかな。


始業のベルが鳴るまで
時間があったので、
私はデスクに
ジンジャークッキーを置いたまま、
ポーチを持ってお手洗いに立った。


アイカラーとチークを
少し落として席に戻ったら、
私の席に資料を置いている
田島さんがいた。

どうやら、これから
クライアント先へ向かうようだ。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。