Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > ◆作品別一覧◆ > おにいちゃん、おしえて。

おにいちゃん、おしえて。

「おにいちゃん、おしえて。」
大好きな幼なじみが教えてくれた、イケないコト。


(2017.1.6-1.10) 完結

 ◆大人のケータイ小説 掲載分を読む

*R-18、おもらしシーンがあります。苦手な方はご注意を。


-作品説明-

 清花には秘密があった。

 みんなが寝静まった後、
 布団の中でパジャマのズボンに手を入れて、
 パンツの上からあそこをいじるのが、どうしてもやめられないこと。

 それが「オナニー」だと教えてくれたのは……幼なじみのおにいちゃん。


 「清花……濡らしてるの?」

 英司―――清花の幼なじみである「おにいちゃん」が、清花の足の間に頭を突っ込んでいて。

 英司の興奮した息が、清花が熱く濡らしたクロッチに掛かる。
 今日はお互いの両親が旅行に行ってしまって、晩は英司と清花の二人きり。



 小栗清花(おぐりきよか)は、去年までランドセルを背負っていた中学1年生。
 大島英司(おおしまえいじ)通称「おにいちゃん」は、4月に大学進学を控えた高校3年生。



 偶然の二晩から、ふたりが交わした約束が果たされるまで。



-おにいちゃん、おしえて。について。-

 コンテスト出品用です。
 少女マンガ官能小説版と思って書きましたが、
 官能小説と呼ぶにはソフトすぎるかもしれません。
 

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。