Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > スターライト > スターライト 69 愛に溺れるオッサンOL

スターライト 69 愛に溺れるオッサンOL

「たまたま、
遅れてるだけってことはないの?
仕事も大詰めだったしさ」


「………」

今まで、一度も遅れた事はない。

黙り続ける私に、
渡邊さんが短く息を吐いた。


「…もし、妊娠だとしたら
僕から言えることは
ひとつしかないよ」


「………はい」


「僕は、結婚できない」



その言葉はナイフのように
真っ直ぐ、私の心を突き刺した。



「この先どうするかは
川嶋さんが決めて。
僕は別れたくない」



バラ色に見えていた世界が
急に色あせて、モノクロになる。


私は、何を見ていたんだ?


カッコイイ上司に格上げされていた
渡邊さんは、やっぱり
ギラついたただのオッサンだ。


私は何も答えを出さずに、
まるで何もなかったようにして
終電間近までお酒を飲んだ。


「ごちそうさまでした、渡邊さん」


バーを出て、にっこりお礼を言った後、
思いっきり足を振り上げて……

二度目の急所攻撃を食らわせた。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。