Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > ラピスラズリ(連載中) > ラピスラズリ 9

ラピスラズリ 9

仕事を抜けて、会社を出た。
すぐ近くにコンビニがあるので
二人で入る。


「私、仕事抜け出すの初めてです」

浮かれて萩原さんに伝えると
「田島に知られたら怒られんじゃね?」
と笑われた。



「じゃあ言わないでください、田島さんには」

「あいつには怒られたくないんだ」

「そりゃあ…」


片思いの相手だし……
嫌われたくはない。

萩原さんはマスクと飲み物をカゴに入れ
私にもお菓子を選ぶように促す。

暑かったので、アイスを選んでいたら
「アイスいいなぁ」と萩原さんが言った。

萩原さんも食べるかな?

半分こできるパピコを選び、
カゴに入れさせてもらった。



コンビニからの帰り、
萩原さんのiPhoneが鳴る。

田島さんから、どこ行ってんのという
問い合わせだった。

「手伝いはいいから、戻りな」

萩原さんに背中を押されて、
走って戻った。


息を切らして戻ったら、
田島さんがちょっと怒っていた。

「外かよー。行くなら一言言っといてね」

「すみません…」

私も、遊びに来てるんじゃないのに…
働きに来ているのに。

田島さんに呆れられてしまった…

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。