Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > スターライト > スターライト 44 カクテルと甘いキス

スターライト 44 カクテルと甘いキス

セックスが終わった後も、高須さんは
私を抱き締めてキスの嵐。

彼女を大事にする人なんだなあと思った。

「莉々ちゃん、
本当に渡邊さんと付き合ってないの?
俺刺されたりしない?」

「ないよ(笑)
それより、尚希には彼女いないの?」

「いない。俺、重いみたい」

「重い?」

妬くひとなのかな?
見た目はチャラいけれど。

高須さんが、私のヌルつく部分に
モノを当てて擦り出す。

「ああ…それ気持ちいい。尚希の熱い」

「本当?このまま挿れちゃいたくなるね」

「ゴム?」

「大丈夫、もうつけてるから」

高須さんは私の後ろからぐいっと押し入り
激しく腰を打ち付け始めた。

いやらしい声をあげすぎて、
高須さんの指を舐めさせられる。

「莉々ちゃんの声
隣に聞こえちゃうからね…」

高須さんのベッドが軋む。
私は彼の指をしゃぶりながら
快感に耐えた。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。