Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > スターライト > スターライト 42 カクテルと甘いキス

スターライト 42 カクテルと甘いキス

バスタブのお湯の中で、
高須さんが赤ちゃんみたいに
おっぱいに吸い付いていた。

金髪混じりの
やんちゃそうなヘアを撫でる。
ヒゲがおっぱいにすれてくすぐったい。


「莉々ちゃんから
誘ってくれて嬉しかったよ」

高須さんの指が、私のヌルついた部分を
めくり上げ、突起を指で転がした。

「あん、あっ」

クリが弱いから、すぐにイキそうになる。

高須さんは「かわいい」と
指の動きを速めた。

パシャパシャとお湯の音がして、
私の喘ぎ声がバスルームに響き、
高須さんの指であっと言う間にイカされた。


高須さんはすぐ目の前で
ザバッと立ち上がり、
顔につけられるんじゃないかってぐらい
近くに彼のモノがあった。

「舐めていい?」

「ん…お願い。莉々ちゃん」

私は高須さんのモノを両手で握りしめ
あむっと頬張った。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。