Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > スターライト > スターライト 40 禁煙を目論むオッサンOL

スターライト 40 禁煙を目論むオッサンOL

「それ見たら君思い出すよ」

ラッキーストライクのボックスを見て
渡邊さんが言った。

私はふふっと笑ってそれをピンクの
シガレットケースに入れる。


グラスはほとんど空になり、
高須さんと目が合った。

「もう一杯ください。ジンライム」

「かしこまりました」

高須さんのカクテルメイクに見惚れた。
綺麗な手からすっと出されたジンライム。
これを飲んだら帰ろう。

渡邊さんは煙草片手に視線を向けてきた。

「何ですか」

「変な女だなと思って。
逃げたかと思えば
俺のテリトリーに入ってきて」

「バーに来たの迷惑でしたか?」

「別に。自由にすればいい」

「ここ、癒されますね。
バーに来たの、初めてでしたけど
いいお店知れてよかったです」

渡邊さんは、私の横顔を見ながら
「変な奴」と笑った。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。