Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > スターライト > スターライト 38 禁煙を目論むオッサンOL

スターライト 38 禁煙を目論むオッサンOL

「ジンライム?」

横から声がすると思ったら、
渡邊さんだった。
今来たばかりの様子で、
私の隣に座る。

「ジンライムなんですか?」
と高須さんに聞くと、
ニッコリと頷いた。


「来るなら言えばいいのに」

渡邊さんはポケットから
セブンスターを取り出し、火をつけた。

「あれ、渡邊さん、禁煙は…」

「君に隣でプカプカ吸われたせいだよ」

「人のせいにしないでください」

「可愛くねぇ女」

悪態つく割には、渡邊さんが
楽しそうに見えるのは気のせい?

「セッタなんですね」

「ああ。昔から」

渡邊さんがセブンスターってのが
なんかうまく言えないけど意外だった。
イタリア人が煎茶飲むみたいな。

悪くない。


私は高須さんのジンライムを口にする。

高須さんのカクテルがあれば
禁煙できそうだと思った。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。