Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > スターライト > スターライト 35 となりのフカセくん

スターライト 35 となりのフカセくん

お尻を高く上げて、フカセくんが
カチカチになったものを入れる。

「あー…締まる」

締めてる覚えはないけど、
私も気持ちいい。

フカセくんは私のクリを触りながら
突き始めた。

「クリでイクタイプ?」

「ん…そうみたい。あっ、んっんっ」

ズン、ズン、と突かれるタイミングで
クリも強く捏ねられて、甘い刺激が走る。

「あーん、気持ちいい」

「ほんと?これがいいの?」

グリグリグリグリ、クリを押し潰されて
フカセくんのモノが入ったまま
イッてしまった。

「うああぁん…」

「スゲー、リリちゃんすげイッてる…
あそこやばいよ」

フカセくんは後ろから、
私のお尻の形が変わるぐらい突き上げ、
唸りながら2回目をゴムに放出した。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。