Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > スターライト > スターライト 33 となりのフカセくん

スターライト 33 となりのフカセくん

「リリちゃんのアソコ超いい」

顔を歪めて腰を振るフカセくんは
猿みたいだった。

ないな…

顔はタイプじゃないけど、
かわいい顔してるのに
そんな歯くいしばるんだ…

まだ渡邊さんの方が素敵だった…

って比べる価値もないわ。


私がつまらない女だから、
同じような男が寄ってくるんだろうな。


フカセくんを寝かせて騎乗位になった。

「私動いていい?」

「いいよ、すげ…」

私は、自分のクリを指で触りながら
フカセくんの上で動いた。
こうすると誰が相手でも気持ちいい。

「んっ、あぁっ」

「うわ、エロい…リリちゃんやばい」

下からフカセくんが懸命に突き上げてきて
イクことができた。

我慢できなくなったフカセくんは、
私を寝かせて正常位で挿入して、
一心不乱にピストンして果てた。

バラバラにイって、一回戦終了になった。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。