Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > スターライト > スターライト 32 となりのフカセくん

スターライト 32 となりのフカセくん

「やっぱりって、私
エロいと思われてたんだ…」

「触りたくなる体してるよ。
いい意味だよ」

「あん…」

フカセくんの指が中でぐちゅっと動く。
エロいにいい意味なんてあるのかよと
内心つっこみながら、フカセくんの指で
快楽を味わう。

「リリちゃんちょー濡れてる」

「うん…」

「入れよ入れよ」

フカセくんは何もつけずに
モノを押し当て、腰を押し付けてくる。

「ゴームー」

「つけなきゃダメ?」

「当たり前でしょ、バカじゃないの」

「言い方キツい…」

落ち込むフカセくんに枕元のゴムを渡した。
背中を丸めて、つけ始めるフカセくん。

避妊しない男はないな…


さっきまでのエロ楽しい気分は
すっかり落ち着き、終わったら
さっさと帰ろうと考えるのだった。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。