Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > スターライト > スターライト 29 となりのフカセくん

スターライト 29 となりのフカセくん

翌日、喫煙所で
佐々木が平謝りしてきた。

「昨日大変だったんだから。
あんな飲み方しないで」

「申し訳ないです…渡邊さんにも、
『川嶋さんに謝っとけ』って言われました」

フーン。
渡邊さんがした事よりは
佐々木の方がましだけどね。

「俺きっかけで
渡邊さんと接近できました?」

佐々木がニヤニヤしながら言うから
「もう渡邊さんの熱は冷めたからいいの」
と答えた。


そうしてると、アルミのドアが開き、
フカセくんが入ってきた。

ペコっと会釈し合うと、
フカセくんがくすっと笑う。

笑顔が意外と可愛い。

私とフカセくんの感じを見て、
佐々木が首を竦めた。

「莉々さん、あんなんがいいんすね」

「別にタイプじゃないよ」

「渡邊さんと始まんねーかなと思ってたのに」

フー…と煙を吐き切る。

「始まらないよ。
結婚してるんでしょ?」

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。