Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > スターライト > スターライト 26 動じないオッサンOL

スターライト 26 動じないオッサンOL

―はい。もしもし

ビジネスライクな声で
渡邊さんが電話に出た。

まだ会社にいるようだった。

「お疲れ様です。川嶋ですが、
渡邊さん今どちらですか?」

―えっ?川嶋さん?佐々木といるの?

「はい…彼、酔い潰れてまして…」

深い溜息が聞こえてきた。
そろそろ帰るところだったらしい。

―そこ、どこ。全く迷惑な奴だな…

ギラギラの変態おじさんは
溜息をつきながらも、
私の言うお店まで
来てくれることになった。


佐々木は一人個室で寝かせて、
それまでに私は支払いを済ませる。
そこへちょうど渡邊さんが来てくれた。

「佐々木はどこ?」

「奥です」

「もう…ガキじゃねぇんだから」

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。