Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > スターライト > スターライト 21 動じないオッサンOL

スターライト 21 動じないオッサンOL


エレベーターが開き、
二人で乗り込んでまだ話を続ける。

「莉々ちゃん色気ないね。
おっぱいは大きいのに」

「渡邊さん、本性でましたね」

「君もね。前から僕のこと好きだったでしょ」

「ぜんっぜん。
勘違いしてるおじさん興味ないです」

「本当可愛くないな。
でも、また抱きたくなる体だったよ」

何だそれ!

言い返そうとしたら、
エレベーターが着いた。

渡邊さんは「本当だよ」と
優しく私の頭を撫で、先に出て行った。


もっと言ってやろうと思っていたけど
呆れて言う気がなくなった。

変な人。

とりあえずは、私の写真は
ばら撒かれないのかな。


憧れてたし、好きだった。

憧れてやまなかった渡邊さんは、
恋が覚めるとただの若作りしている
ギラついたおじさんだった。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。