Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > スターライト > スターライト 14 見る目のないオッサンOL

スターライト 14 見る目のないオッサンOL

ベッドの上にあった私のスマホを、
渡邊さんに気付かれないよう
手を伸ばしてつかみ、
卑猥な行為をしている彼を撮る。


部屋の中で、大きなシャッター音が
鳴り響いた。

「………」

渡邊さんは驚いて、私の陰部から顔を離す。

私は彼に逆上されたりしないか、
ビクビクしながら足を閉じ、後ずさった。

「さっきの仕返し?」

「撮られたままじゃ嫌なんで…
気を悪くさせたらごめんなさい…」

「莉々ちゃん面白いね」

渡邊さんは立ちあがって私を押さえつけた。
怖い。

彼は首の上に乗り、いきりたったモノを私の口の中に捻じ込んだ。

「うぐっ」

大きい。

こんなことする奴
ホントにいるんだと思いながら、
吐かないように舐める。

渡邊さんのモノはどんどん大きくなり、
変態だと思った。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。