Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > スターライト > スターライト 10 見る目のないオッサンOL

スターライト 10 見る目のないオッサンOL

渡邊さんは元喫煙者らしく、
禁煙してからも煙草が吸いたくなる時が
あると言っていた。

「川嶋さん吸うんだよね。見えないね」

「そうですか?」

「他の奴らがよく川嶋さんの話してるよ。
喫煙所で見たとか話したとか」

えー…佐々木かな?
誰にせよ、ろくな話題じゃなさそう。

そんな私の考えを見抜くかのように
渡邊さんが苦笑した。

「大丈夫、川嶋さんは
喫煙所のアイドルだから」

「嘘ばっかり」

見え透いたフォローに今度は私が苦笑した。

私は、アイドルキャラから
全くかけ離れている。

「お酒は強いの?」

「人並みです」

「そう。じゃあ僕はここで」

渡邊さんは私の前で立ち止まると、
四つ折りの白いメモを私に差し出した。

「飲みに行こう」

そう言い残し、渡邊さんは
改札に入っていった。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。