Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > スターライト > スターライト 9 恋するオッサンOL

スターライト 9 恋するオッサンOL

帰りのエレベーターで、
渡邊さんとばったり遭遇した。

「あ。今帰り?」

「はい、渡邊さんも…?」

「僕はクライアントと約束。
気が休まらないよ」

苦笑する渡邊さんに
内心キュンキュンした。

1階に着き、渡邊さんに先に
エレベーターから出てもらった。

彼は「ありがとう」とにっこり笑って
颯爽と歩き出す。

後ろ姿を見ながら歩いていたら
渡邊さんが振り返った。

「駅まで一緒に行こうよ」

「あ…はい!」

渡邊さんに駆け寄ると、
メンズ物の香水の香りがした。

すごく素敵。似合ってる。


私は恋する少女のように緊張しながら
渡邊さんの隣を歩いた。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。