Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > スターライト > スターライト 6 恋するオッサンOL

スターライト 6 恋するオッサンOL

渡邊さんが、私と同じ
沿線だということは知っていた。

もしかして今日、
一緒に帰れたりするのかな。

入社してからずっと
渡邊さんの存在は知っていたけど、
遠い存在で通勤中会うこともなかった。

現在煙草を吸わない渡邊さんとは、
もちろん喫煙所で会うこともない。


店に入り、佐々木の相談に軽く乗る
私と渡邊氏。
佐々木を軽くけなしたり、上げたり、
軽快なトークにうっとり。
声もかっこいいなぁ…と聞き惚れた。


あまり時間がなかったので、
早々に店を出ることになった。

「佐々木と2件目行ってくるよ。
川嶋さんは女の子だから帰りなさい」
と渡邊さん。

そんなー!一緒に帰りたかったのに!

無念極まりなかったけど、
この場合返事は「ハイ」しかない。

一人おとなしく帰ることになった。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。