Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > ラピスラズリ(連載中) > ラピスラズリ 80

ラピスラズリ 80

振り向くと、田島さんと目が合う。

「…お疲れ」

「お疲れ様です…」

ぎこちなく挨拶を交わし、田島さんは私から一番遠い席に座った。


いつもと変わりなく、部長と笑って
梶さんに突っ込んで、天野さんに絡んでる。


「田島、奥さん元気?」


部長が田島さんに話を振った。

無理だ、今は聞けない。



「ちょっと失礼します」

私は話を聞かないように、
御手洗に立った。

本心は、このまま帰っちゃいたいけど
さすがにそれはできないし…


トイレで過ごすのも数分が限界で、
通路に出ると田島さんが歩いて来ていた。


「俺もトイレ」

「そうですか」

「これ明日作っといて」

田島さんは、名刺を手渡してきた。
担当者の名刺は業者に頼まず
アシスタントがパソコンで作成していた。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。