Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > ラピスラズリ(連載中) > ラピスラズリ 174 お昼時

ラピスラズリ 174 お昼時

「えっ?別れたの?」


今日は、外でのお昼休憩。
お蕎麦屋さんで岡田さんとふたり。

お昼時、さすがに混んでいる。


「……はい…もう修復不可能で…」


……我慢ならず、別れを打ち明けた。

本当にいろいろあったし、
もう自分だけじゃ抱えきれない…


「ちょっとした言い争いって言ってたよね?」


「………聞いてくださいますか?」


ずいっと岡田さんに顔を寄せると、
岡田さんはごくりと息を飲んだ。



「……メッチャ聞きたい。
ってゆーか、るりちゃんから
そう言う話してくれんの初めてじゃない?
今晩飲み行こっか?♡」


「いいんですか?梶さんは…」


「いーのよ♡あの人も毎晩おっそいよー。
年末だからお店どこも混んでるかなあ」


わー、楽しそう…だけど。

年末の繁忙期、
残業しないと仕事が回らない時期。


ウキウキとお店を調べてくれている
岡田さんに水を差す。



「……仕事……終わりますかね?」

「ああ…そうだね。
気合いで終わらすしか」


一気にトーンダウンするふたり。


「ダメならまあ、
お酒なくてもどこでもいいじゃん。
どっか開いてるでしょ。
明日休みだしー!」


「そうですね!」

そして、一気にトーンアップ。



岡田さんがいてくれてよかった。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。