Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > スノードロップ > スノードロップ #34 予想外の反応を見せるナルシスト

スノードロップ #34 予想外の反応を見せるナルシスト

ユウくんは、ふんと顔を背けて、
ポリポリと首を掻く。

反応なし?


「昨日のかわいいひとだって
ゴムあんまりつけないって
豪語されたらいやだと思うよ」

「あいつはそんな関係じゃねーけど」

え、そうなの?
その割には腕組んでませんでしたっけ。


「…じゃあ、他の女子はいやだと思うよ、
元カノさんたちも」

腕を組み、説教を垂れつづけるわたし。
ユウくんは、
憮然としながらわたしを見る。


「……てゆうか、おまえは?
やだったの」

わたし?

ユウくんは、機嫌をうかがう
子供のような目でわたしを見ていた。

めずらしいこともあるもんだ…


「やだったよ、
だから、帰ったんだけど」

「あの日おまえが突然
エッチへただとか言い出すから…。
ゴムの件がいやだったんだな。
悪かったよ」



素直…!

きゅんっ!
て、漫画なら多分
胸の近くに文字出てる。


マズイ。

申し訳なさそうな顔もまたかっこいい。


でもここでユウくんに
負けるわけにはいかない。

わたしはもう愛される喜びを
知ってしまったんだから!
(まだ処女だけど!)


「……で、昨日いた奴と
エッチしたのかよ」

「エッチはしていません」

「じゃあ何したの」


ユウくんの捨てられた仔犬のような目から
気のせいか炎出てる気がする。

何したって、
それは、フェ……言えるわけねー!


「わたしのことはいいじゃん、
そもそもわたしが
乗り気じゃないユウくんに
迫ったのが悪かったんだから、
全部白紙でいいじゃん」

ねっ、と笑顔を向ける。


だってさ、
なっちゃんがいるもん。


一番じゃないけど好きとか
ふざけたこと言ってても、
なっちゃんは優しいから
それでいいとか言ってくれてる。

でも、そのままで良いわけがない。

こんなわたしでいいと
言ってくれるなっちゃんに、
まっすぐ向きあいたい。


ユウくんだって、
わたしのこと好きかどうか
わかんないって言ってるし
お互い何もなかったことにしたほうが
楽だよね?




ユウくんは黙っている。

「人騒がせなやつだな」って
「じゃあ白紙にするか」って

言わないの?

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。