Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > ラピスラズリ(連載中) > ラピスラズリ 75

ラピスラズリ 75

午後から、天野さんは外出した。
気がつけば不在だった。

田島さんに頼まれたものは全て完了。
デスクに置いておく。

今日は、映画観て帰ろうかな。
たまには自分にごほうびあげたいし…


そんな事を考えていたら、梶さんに

「おーい。るりチャン!
今日残業できる?」
と声を掛けられた。

岡田さんとペアで、倉庫にある
膨大な資料のチェックを頼まれたのだ。

社内部門では、
紙媒体で置いてある資料を
電子化する作業をしていて、
資料の省スペース化と
過去資料の資産としての保持を図っていた。


コンビニに行っていた
岡田さんが、私のデスクにきた。

「マスク買ってきた。
るりちゃんもどうぞ」

「あ、ありがとうございます」
岡田さんのマスクを有難くいただいた。

「定時後から始めるから、
今から残務処理していていいよー」

「はぁい」

残業中、田島さん帰ってくるかな。

ホントにしつこいなー私。
どうしたら好きじゃなくなるんだろう。

この気持ちは自分でも持て余してしまう。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。