Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > ラピスラズリ(連載中) > ラピスラズリ 74

ラピスラズリ 74

「けさ、萩原さんに
『田島とイチャイチャしてたら
天野に刺されるぞ』って忠告を
いただいて…」

「こわっ!何なのそれ」

「確かにちょっと怖い時もありまして…」

「まあ、恋愛下手ではありそうだよねぇ」

ふたりで噂をしていると、
カップ焼きそばを持った天野さんが
食堂に入ってきて、目があった。

一瞬まごつくと、
岡田さんが手を振り返してくれて、
天野さんは会釈する。


岡田さんは「ふぅん」と言った後、こう続けた。

「フツーっちゃフツー、
ぎこちないっちゃぎこちないね」

「そう見えますか?」

「お試しでつきあってみたら?」

岡田さんの提案に渋い顔になる。
「いや…やっぱり私、
好きな人と付き合いたいです…」

「ほほー。乙女だね!」

岡田さんの口調は、
梶さんにとても似てると思う。




どんどん天野さん株が下落してしまう。

こうなったのも、私がはっきり
拒絶しなかったからなのかな。

でも、何も言われていないのに
拒否しても、過剰反応すぎない?

「るりちゃんの気持ちはわかったからさ!
できるだけフォローするから、
何かあったらいいなよ。
刺されそうになったら」

「岡田さん…ありがとうございます。
刺されるとまでは思ってませんけど…」

「んー、まあねー。
でも、そんなこと
萩原さんがふざけて言うようには
思えないんだよね」


え…こわ…


血の気が引いていると、
「大丈夫だから!」と背中を叩かれた。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。