Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > ラピスラズリ(連載中) > ラピスラズリ 71

ラピスラズリ 71

部署に戻るため
ビルのエレベーターに乗ったら、
2階から知った顔が乗ってきた。

「あっ萩原さん!」

「おーい瑠璃ちゃん…
田島とイッチャイチャしてたなぁ…。
見えてたぞ、会議室から」

「……イチャイチャはしてません…」

「天野とつきあってんじゃないの?」

「えっ、つきあってはいないです」

「じゃあ天野の片思いか」

「………」

黙る私を見下ろして、
萩原さんが口を尖らせる。

「気ーつけろよー。
あいつ、思い込み激しいから。
刺されるぞ」

ゾッと背筋が凍った。

エレベーターの到着の音がチンと鳴る。
ドアが開き、萩原さんが「じゃあな」と
席に戻って行った。



私の行動は…
誰かに刺されるほどのことなの?

働きづらいなあ…


念のため天野さんの動静を確かめると
午後からはクライアント先。
今はデスクにいて、背中を丸めて
パソコンとお友達。


私はとりあえず、午前中に
作らないといけない資料に手をつけ、
あっという間にお昼前になった。


これを梶さんに確認……


プリントアウトした資料を持ち、
梶さん席まで行く。



「すみません、ご確認お願いします。
内容よければ、部長と専務に送信します」

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。