Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > ラピスラズリ(連載中) > ラピスラズリ 69

ラピスラズリ 69

今の、私が言った指輪の意味。
バレてないよね…?


部署に戻り、田島さんは荷物を取って
慌ただしく出て行った。


急いでるのに
変なこと言っちゃった……


すみやかに社用車予約をして、
お茶を飲んでいたら、
社内メールを受信した。


“資料忘れたー。
引き出しの中のクリアファイル。
ピンクの付箋ついてる”

と田島さんからのメールだった。


「もうっ…」

即座に席を立ち、
田島さんの引き出しを漁って
クリアファイルを発掘し
専用駐車場まで走った。


田島さんは車の外で煙草を吸っていた。
余裕あるじゃない!


「た…たしまさーん!
余裕じゃないですかぁ」


息が切れるほど急いだ私に、
田島さんはゆっくり煙をふかして
笑っている。


「先方から30分遅らせてって
連絡あったからさ」


「もう……それならそうと
先に言ってほしいです……
私、めっちゃ走りました……」


「悪い悪い。ホントにありがと。
ジュース奢るから」

と、そこにある自販機に
連れて行かれた。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。