Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > ラピスラズリ(連載中) > ラピスラズリ 66

ラピスラズリ 66

そして、岡田さんによると
「派遣の若い子(20代)は
うちではモテるよ~」
とも言っていた。

ただし、声を掛けてくる中には
既婚男性が多いので
「モテる=アバンチュール」
だとの事で…

数ヶ月いると、
「こういうことか」と
何となく肌でわかってきた。




「るりちゃん!おはよう。
萩原さんと来たの?」


自転車をとめた後、
待っててくれたような天野さん。
怖い顔を見て以来、少し身構えてしまう。

「うん。おはよう。そこで一緒になったから…」

「俺コンビニ寄ってくわ。じゃあ」

萩原さんは私と天野さんを残し、
コンビニまで歩いて行った。


萩原さんが行ってしまうと、
天野さんの顔が曇りはじめた。

「……萩原さんと仲いいの?
家も別方向なのに…」

「仲いいっていうか、ほんと
さっき偶然会っただけだよ」

「ふぅん…るりちゃん、
ちょっとボーっとしてるから心配」

「ボーっとって」

何でそんな言われ方。
天野さんの中では私は天然キャラなのかな…
心外だ。

肝心なところは、流されたり
してないつもり、、だけど。

少し気分を害しながら、
二人でそれぞれの席に着いた。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。