Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > ラブホリック > ラブホリック 337-心に残る送別会。

ラブホリック 337-心に残る送別会。

送別会には木村常務もいらしていた。


派遣スタッフのみなさんは、
今月で業務契約が終了する。

みなさん4月からの職場が
決まっていたのが幸いだった。

社員メンバーの配属はほとんど散らばる。
支社に戻るのはわたしだけ。

常務がいらっしゃるせいか
小林部長の宴会定番のセクハラも沈静化していて、
笑顔で思い出を語らう穏やかな会となった。

お世話になったママさん派遣スタッフの方が
「七瀬さんを早くご主人と一緒に
 住まわせてあげて下さいね。バラバラだなんて」
と、常務に言ってくれたのには驚いた。

常務は「本当に申し訳ない」と仰っていた…
ちなみに、この日は説教は出なかった。(笑)



最後は全員で記念撮影。
みんなで握手をした。

まだ、月末までは数日あるけど、
この日で終了のスタッフさんもいたので
本当に最後の雰囲気もあった。


「七瀬さん、がんばるんだよ。仕事も家庭も」
ママさんメンバーが声をかけてくれた。


温かさに胸がいっぱいで、不覚にも
先頭切って涙を流してしまい
「七瀬さん、泣かないの!」と言う
他のスタッフも涙声。


最終的に、嗚咽が出る勢いで泣いた。(苦笑)

同じぐらい泣いているメンバーもいて、
顔を見合わせて笑う。


いろいろあったけど、楽しかった。
この時の管理部メンバーと働けてよかった。
本社に来てよかった。



もうこのメンバーで集まることはないけれど、
今でも、この日のことはよく覚えている。

東京に来て、よかった。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。