Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > ラブホリック > ラブホリック 304-2月下旬の常務との飲み会。

ラブホリック 304-2月下旬の常務との飲み会。

午後からは、小林部長も交えて
12月に実施した打合せで出た
課題の進捗状況を確認。

3人で会議室に向かう。

出入り口前は経理部。

清水さんの後ろを歩いていると、
向井さんがこちらに気づき、
オフィシャルな微笑みで
清水さんに会釈した。

ひ、他人事ながらドキドキする…

わたしと矢野さんもあんな感じなのかな?


栗栖さんと矢野さんの様子も見てきたけど、
こんなにハラハラしたりはしなかったけど…

向井さんには、幸せになってほしい。
そう願いながら、ミーティングに入る。





ミーティングは白熱し、少し時間が押した。

会議室を出て、端末片手に管理部フロアに戻る。
部長と清水さんは喫煙スペースへ行かれた。



もう定時過ぎたなぁ。

席外し中にたまった業務の処理を始めた。

清水さんも部長も戻られ、
経理部を見ると、もう向井さんはいなかった。


宴会は19時スタートとなった。

1Fのエントランスで、
3人で木村常務を待つ。

わたしはというと、今日は
清水さんを早く帰してあげなきゃ!
と、気合が入っていた。


常務が降りてこられて、本社近くの
お座敷のちょっといいお店へ向かう。

奥の方に木村常務、小林部長と並び
向かいの手前に清水さんとわたしが座った。

料理もお酒もすすんだ頃、常務に
「ご主人は今日もお客様(A社)に呼ばれてるの?」
と聞かれた。

「はい。そのようです…」

苦笑交じりに答えると、
「まるで営業だね」と常務が笑う。


その後は、わたしと清水さんのダメ出し、、、

というか、
わたしたちのますますの成長を
望む面を指摘された。

「野心を持て」「守りに入るな」
「自分がリーダーになることを意識しないと」と
熱いお説教風味の飲み会。(苦笑)


常務がお手洗いに立たれた時は、
小林部長に隠れて清水さんと顔を見合わせた。

「常務、説教が止まらないな…」

ぼそっと清水さんが言うので、吹き出した。
下ネタセクハラには慣れたもんなのに、
ダメ出し宴会は慣れなかった。(笑)

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。