Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > ラピスラズリ(連載中) > ラピスラズリ 6

ラピスラズリ 6

仕事帰りにネイルサロンを予約した。

その時の季節は夏前。
みずみずしいブルーのネイルサンプルが
並んでいたけれど、気後れして
薄いクリアピンクにした。

軽くグラデーションをつけて、
左手の薬指だけに白いリボンを
あしらってもらった。


「可愛い…」


魔法のようにネイルを仕上げていくのが
本当に素敵で、忘れていた女心が蘇った。


ネイリストさんは、にっこりと
「きれいですよ」と私にも
魔法の言葉を掛けてくれた。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。