Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > ラピスラズリ(連載中) > ラピスラズリ 59

ラピスラズリ 59

田島さんを、あいつと呼ぶ岡田さんに
冷や汗をかいた。

「ごめんなさい、私ペラペラ喋っちゃって、
田島さんのせいじゃなくて」

庇っても納得はいっていないみたい…

「いーや、るりちゃんじゃない。
田島のオッサンが……
あっ、それより、誘われたの?」

話がブーメランのように戻る。

「ううん、誘われたんですけど
やっぱり都合悪いって言われたので」

「なあーんだぁ。
でもるりちゃん喰っちゃう気だよ。
見てたらわかるんだから」

岡田さんは自信満々。

く……喰うかなぁ……?


「なんでそう思いますか?
私、田島さんにそんな風に見られてる
自覚ないのに……」

岡田さんは、何かを感じたように
つぶらな瞳で私を見つめていた。

「………超喰われたいみたいだけど?
………田島さんのこと本気なの?」

!!

バレ……

「違いますよ、
素敵だなとは思いますけど、
あの………」

弁解する私を、神妙な顔で見ている。
もう……見抜かれてるよね。

「……そっかあ。
るりちゃんは行きたいんだね。
その気持ちはちょっとだけわかるよ」

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。