Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > ラブホリック > ラブホリック 290-いつもの彼に戻る。

ラブホリック 290-いつもの彼に戻る。

飲んで帰ってきても、
こんなに崩れることはない。

私があまりお酒を飲めないから、
家では矢野さんも合わせてくれて
そんなに飲まないんだけど…

酔ったらこんな感じだったっけ?
今まで知らなかっただけかな。



お風呂から出ても、愛し合い、
矢野さんは、抱き枕を抱くように
わたしを抱きしめて眠る。

いつの間にかわたしも眠りに落ちていた。



朝、目が覚めると、矢野さんの寝顔があった。
めずらしく、わたしの方が先に起きた。

起こさないようにそっと体を起こすと
矢野さんの目がばちっと開いた。


「おはよう」

「…おはよ。頭いてー…完全に飲み過ぎた…」


昨日のテンションはどこへ行ったのか、
ズーンと暗い様子の矢野さんだった。

朝ごはんを作って二人で食べる。

食欲はあるみたいだから、大丈夫かな?


「ん?何?」

わたしの視線に、矢野さんが反応する。

「昨日、すごい甘えてたよ」

「え?オレが?」

「うん」

「・・・?」

首を傾げている。
記憶がないのかな?

「いっぱい好き好き言ってくれたよ」

「それはいつも言ってるぞ」

「言ってるけど、昨日はかわいかったなぁ」

矢野さんがフッと笑う。
元に戻った。(笑)


コーヒーを飲みながら、
昨日、池田さんから聞いた営業行きの話を尋ねてみた。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。