Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > ラブホリック > ラブホリック 287-パーティーで寝耳に水。

ラブホリック 287-パーティーで寝耳に水。

2月最初の金曜日。

向井さん主催で
他部交流会のメンバーで、お店を借りて
お祝いパーティーをしてくれた。


総勢20名ほど。
そのうち、女性は5名。


この日は、部長クラスはあえてお呼びせず、
フランクな会だった。

社内でも、最も人数が多いのは開発部なので
参加者も自然と開発部メンバーが多くなる。

矢野さんは、冷やかされまくっていた。
またもや男子高校生ノリ。(苦笑)


総務部の吉田さんからも「おめでとう」と
お言葉頂いた。(セクシー)

「社内でいい男ってなかなかいないわよね…」
と吉田さんがため息をつく。

向井さんもわたしも答えられず…


営業部の森さん(29歳・サバサバ系)と、
開発部の池田さん(29歳・クール系)は、
「ほんといないよね!」と同意していた。


「あ、でも営業部、中途採用の募集かけてるよ。若干名」
と、森さん。

「イケメンがいいなぁ♡」とセクシー吉田さん。(笑)


盛り上がっていると、クール池田さんが言った。
「あれ?矢野さんって営業行くんだよね?」


え?

営業?


「…そうなんですか?聞いてません…」

わたしがキョトンとしていると、慌てて池田さんが
説明を始めた。

「噂があるだけなんだけどね。
 A社の情シス担当者が矢野さんのこと気に入ってて、
 矢野さんもほら、営業向きだし。
 営業本部長から矢野さんにオファーあったって
 聞いたんだけど、断ったのかもしれないし」


そんな話、全然知らない。
だから仁科君も、営業とか言ってたの!?

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。