Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > ラピスラズリ(連載中) > ラピスラズリ 58

ラピスラズリ 58

「マリさんっていうのは…」


萩原さんはクールな表情で答える。

「俺らの同期だよ。もう辞めたけどね。
じゃ、もう行くわ。岡田長電話だな」

そしてコンビニの袋をぐしゃっと潰しながら
立ち上がり、伸びをしていた。


「はい…。行ってらっしゃい」




マリさんは、萩原さんと田島さんの同期。
私と似ているけれど性格は似ていない。
そして、田島さんがつきあっていたひと。

一体どんな人なの…?



やっと電話が終わった岡田さんが
戻ってきたけれど、
萩原さんが戻ったのを知ると
大変残念がっていた。

「いーなぁ、私も萩原さんとしゃべりたーい」

お弁当の続きに手をつける岡田さん。
梶さんとつきあってるのはどうなってるんだろう?


「岡田さん、梶さんとお付き合いしてるんですよね…?」

尋ねた瞬間、岡田さんがお箸を置いた。


「……私まだ、るりちゃんには言ってないよね。
えっ、誰?田島さんから聞いた?」


すごい迫力に、嘘をつけず
「は、はい…そうです」と明かしてしまう。


「あいっつー、超口軽い…
自分のことはバラされるの嫌がるくせに」

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。