Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > ラブホリック > ラブホリック 249-一発で見抜かれる。

ラブホリック 249-一発で見抜かれる。

でも、さりげなく聞ける内容じゃないし。

「ん?元気ない?」

向井さんが、わたしの表情を見て微笑んだ。
ちょっと、聞いてみようか。

「あのー……矢野さんって、モテたんですか?」

両手で頬杖をついている向井さん、
急に閃いたような顔をした。

「えー!七瀬さんもマサキのこと好き!?」

うそー!
一発で見抜かれたー!!


「違います違います!好きっていうか…」

「大丈夫。私は誰にも言わないよ。絶対」

慌てて弁明するわたしを制して
向井さんは嬉しそうに微笑む。

見透かされてる…?
顔に出てるのかなぁ。

うつむくと、向井さんがくすくす笑うので、
わたしも吹き出した。

「向井さん、さっき『七瀬さんも』って
 おっしゃいましたよね。
 他にも誰か矢野さんのこと…」

「いやいや、マサキも、だよ。ヤツはわかりやすいから」


あっ。そういうことですか。(苦笑)

「マサキに言っちゃえばきっとうまくいくよ。
 打ち明けてくれて嬉しい」


すでにつきあってることは
やはり言えなかったけど
誰かに祝福されるっていいなぁ、と思った。

向井さんが金曜の晩、飲みに誘ってくれた。

週末行くことをを約束して、
ランチタイムは終わった。



向井さんが好きな人は、
矢野さんじゃないのかな。

向井さんのあのリアクションを見ると、
違うように思える。

金曜、聞いちゃおうかな。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。