Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > ラピスラズリ(連載中) > ラピスラズリ 160 ブレーキ

ラピスラズリ 160 ブレーキ

「持っといてよ。」
と田島さんは頬杖をついた。


その名刺を両手の指先で
持ったまま、顔が上げられない。


「返されてショックだったんだけど」

「……すみません。」


つい謝ってしまう。



でも、

連絡先もらったら、連絡して…

連絡取って

ふたりで会って?

それで……つぎは?



田島さんと近くなっていったら
わたしはどんどん
離れられなくなったりしない?




やすみの日の田島さんにも
会いたくなったり、


別居してる奥さんに
申し訳なく思ったり、


そうかと思えば
自分を見失うほど
奥さんに嫉妬したり、


返事のないスマホを握りしめて
一晩明かしたり、


萩原さんといるのに
田島さんのこと考えるように
なったりしない?



好きだって
ブレーキがきかなくなったりしない?

それがすごく怖い。



「雑炊できたんじゃない?」

田島さんがお鍋の蓋を開けたら、
ほわあと白い湯気が上がった。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。