Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > ラピスラズリ(連載中) > ラピスラズリ 48

ラピスラズリ 48

甘くて冷たくておいしい。
このフラペチーノは
心がほぐれるような味がする。

天野さんは、周りの人に
アイスかホットコーヒーにしろよと
突っ込まれていた。

立派な社会人は、仕事しながら
フラペチーノは飲まないのかなー。

わいわいと弄られている様子を見ていたら、
天野さんがにこっと微笑んでくれた。

私もにこっと笑って、またパソコンに向かう。
早く仕上げなきゃ。


それにしても、マリさんって誰だろう。






依頼事項を捌き、
一番重要な件は9割完成した。

時間は19時……

田島さんに確認してもいいものやら。
メールだけ飛ばそうかな。

ん~……

岡田さんはもう帰ってしまって、
まだちらほら残っている人もいる。

技術チームなど、専門部署は
残業も多いが、私のいるコンサル部は
担当者の抱えている案件状況による感じ。

息抜きで冷たいお茶買いにいこうかな。

くるっと振り返ると
天野さんが真剣な表情で仕事中だった。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。