Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > ラブホリック > ラブホリック 175-あの日の夜のこと。

ラブホリック 175-あの日の夜のこと。

「なんで泣くんだよ」

「来年から会えなくなると思ったら…」

「おまえなぁ…
 他の男との結婚話聞かされた
 オレの方が泣きたいんだからな」

思わず笑うと「笑いごとじゃねーよ」と
矢野さんも笑っていた。



「あーあ。なんで好きなんだろ…」

矢野さんのため息と共に出た言葉にまた
涙がこみ上げる。

そんなわたしを矢野さんは黙って見ている。

自分でハンカチを出し、涙をぬぐった。


「……誰かに見られてそうで怖えーな。
 泣かしてるし、言い訳しようがねぇよ」

矢野さんは周りを見渡しながら言った。

確かに…この状況はガチすぎる。(苦笑)



「………もう、帰れる?」


涙が引いてきた頃、尋ねられた。

はい、と頷けば、矢野さんは帰る。

どうしよう…


矢野さんが返事を待っている。

心臓の鼓動が早まった。




「……もうちょっとだけ…」




矢野さんは、驚く様子を見せない。

「…おう。じゃあ…どこ行くかな…。
 ファミレス行くか?」



それもいいけど…今は違う。


首を横に振ると、
矢野さんはわたしの腕を
ぐっと引っ張った。


「じゃあ来い!」


二人で、矢野さんのホテルに向かった。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。