Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > ラピスラズリ(連載中) > ラピスラズリ 4

ラピスラズリ 4

食堂で岡田さんが待っていてくれた。

さっき萩原さんがいたと伝えたら
いいなあと言っていた。


「萩原さん、優しいよ。ああ見えて」
と言うので、うそだーと思いながら
春雨を開けた。


何考えてるかわからない人は苦手だ。

私は、田島さんのほうが…


「田島さん素敵ですよね」
と言うと、岡田さんはうげー、と
顔を歪めた。


「私…山下さんと趣味正反対かも」

「じゃあ喧嘩にならないですね」

「逆にそうだね。理解はし合えないけど」

「ふふっ」

二人で笑いながらお昼を食べた。



寡黙な雰囲気の萩原さんは技術チーム。
覇気のある田島さんはコンサルチーム。
両極端な二人だった。


定時目前で、自席についている
田島さんからメールが入る。
内容は、お昼にとった見積のお礼。

ドキドキしながら、お役に立てて何よりです
と返した。

田島さんの後ろ姿を見つめていると
またパソコンにメールが入る。


「いつも色々頼んでごめんね。
お礼したいんだけど、山下さん酒強い?」


画面に映る文字を見て、
心臓がキュッと縮んだ。


お………お誘い??

違うよね………?

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。