Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > ラブホリック > ラブホリック 086-本社出張、宴会編。

ラブホリック 086-本社出張、宴会編。

夜は、本社管理部メンバーと宴会。
女性も数名いて、ママさんもいる。
和やかで新鮮な雰囲気だった。

お店のお座敷に通されて、
東京に来てまでも部長の隣に座らされる。

わたし、セクハラ防波堤に
なってませんか…?

ま、もう慣れてるけど。(笑)


「七瀬さん、隣いいですか」

「あっ、どうぞ」

よく、メールや内線で
業務のやりとりをしている清水さん。

中途入社組で、年上の後輩で今年30歳。
矢野さんと同い年。
この日初めて顔を合わせた。

「失礼します」と、わたしの右側に座った。

ケイゴさんとも矢野さんとも違って、
細くて背が高くて、
インテリジェンスな雰囲気。

前々からいい声だなーと思っていたけど、
見た目もスマートな人だった。

左手薬指にはマリッジリング。
ご結婚されている様子。


お酒の量が増えて、
セクハラ濃度が高まる部長に
女性陣からもついにブーイングが。(笑)

清水さんがやんわりと場の空気を収めて、
ギリギリ和やかに宴会が終わった。


そうして懇親会は終了。

みなさんとお別れして、
ホテルまでのタクシーに乗った。


翌日は午前中に部内ミーティングして、
そのあと新幹線で支社に帰る予定。

笑顔引きつってなかったかな。

部長、酒癖悪すぎる…
昼間はいい事仰ってたのに。(涙)

守ってくれた清水さんに感謝。



重いため息をついた途端、スマホが鳴る。

ケイゴさんかな?と
期待しながら画面を確認すると…矢野さん?

反射的に出てしまった。


「お疲れ様です、七瀬です」

『宴会終わったんだろ?飲んでるんだけど来いよ』


わー、矢野さん、お酒入ってるなぁ〜。


「えー。疲れたしホテル帰ります。
 矢野さんと二人きりはイヤだし」

『冷たいやつだな。
 清水もいるから二人じゃねぇよ。駅前まで来い』


清水さんと矢野さん?
矢野さん、異動前に清水さんと
仕事してたっけ?
変な組み合わせだな。


時刻は20時半。
少しだけ顔出して帰るか…

運転手さんに、駅前までとお願いして、
スマホを再びバッグに入れた。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。