Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > ラブホリック > ラブホリック 084-本社出張。

ラブホリック 084-本社出張。

新幹線の座席に座る。
窓側の席だった。

タブレットで仕事のメールチェックだけする。
あんまりやると酔うのでほどほどに。

栗栖さんから、
『心細いですが、お気をつけて〜!』
とメールが来ていて、ふっと笑う。


窓の外に広がる景色を見ながら、
ケイゴさん今頃出勤かなぁ、と考える。

帰ったら、すぐ会いに行こう。


ぐっすり眠り、東京駅に着くと、
後ろから聞き慣れた声に呼び止められた。

振り返ると矢野さんと
営業の高橋さんだった。

「すげー!会うかなーと思ってたら会った」
と矢野さんが笑う。

一人でちょっと心細かったから、
素直に嬉しかった。(涙)

「僕たちも本社寄るから、
 3人でタクシー乗ろうか。
 乗り換え面倒だし」
と高橋さん。

お言葉に甘えて同乗させてもらった。

昼から、高橋さんが担当してる客先に
矢野さんがシステム説明で同行するらしい。

本社に到着。
高橋さんが喫煙所に寄るから、と
エレベーターホールで別れた。

矢野さんは行かずに、
わたしとエレベーターを待った。

「晩、宴会やんの?」と矢野さん。

「はい、してくれるみたいです…」

「気ーつけろよ〜。部長のセクハラ」

「確かに。でも大丈夫ですよ」
そう言って笑うと、矢野さんもフッと笑った。

「ま、大丈夫じゃなかったら連絡して。
 駆けつけてやるから」


不覚にも、その言葉にドキッとした。


矢野さんだって、セクハラとかやりそうで
怪しいもんだけど。(苦笑)


昨晩から不安でいっぱいだったせいか、
安心させてくれる言葉が心にしみた。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。