Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > ラブホリック > ラブホリック 061-バーベキュー。

ラブホリック 061-バーベキュー。

バーベキュー現地まで車で向かう。

「緊張する…」と言うわたしに
「大丈夫だよー。」と笑顔のケイゴさん。

スタッフは8名。
男性は、ケイゴさんと、
もう一人、既婚の方がいるみたい。
他6名はみなさん女性。


「ユキのこと覚えてる人もいるかも」
と、運転しながら彼が言う。

「大丈夫…?お客さんとつきあってるのって…」

「大丈夫だよー。真面目につきあってるし」
と意に介さない様子。

確か、つきあい始めは
バレるの嫌がってましたよね…?
どういう心境の変化?


現地に到着すると、
4家族が先に準備し始めてくれていた。
子供達も一緒に遊んでいたり、
和やかな雰囲気。


「市川さん!本当に彼女いたんですね!」
と、見覚えのある受付の女性、
佐藤さんが立ち上がる。

ケイゴさんに彼女がいるのを
信じられてなかったことに笑った。(笑)


「きれいな人だねぇ。
 ケイゴやるなぁー!何ちゃん?」
と、ケイゴさんの先輩の男性薬剤師、
鈴木さん。

ケイゴさんが「ユキちゃんです。」と
みなさんに紹介し、拍手が起こった。(笑)


「初めまして…!七瀬ユキです」

「ユキちゃん、いっぱい食べていってね〜。」
と、鈴木さんの奥様。


「七瀬さん、たまにうち来られてますよね…?」
小声で聞いてきたのは、田中さん。
ケイゴさんより年上の、ママさん薬剤師。

「はい…」

「市川さんから誘ってきたの?」

「いえ、わたしから…」

田中さんが口に手を当てて
目を見開いて驚く。(笑)

「市川さんずっと女っ気なかったから、
 心配してたのよ〜。」
と田中さんが言うので、思わず笑った。


みなさんとてもフレンドリーで感激。
みんな仲いいんだなぁ。

うちの職場は殺伐としてるかも…と、
自分の職場と比べた。(苦笑)


食材の準備はほぼ終わり、
他のスタッフさんも揃い、
最後に来た後藤さんと
目が合ったので会釈した。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。