Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > ラブホリック > ラブホリック 060-4月。

ラブホリック 060-4月。

怒涛の年度末が終わり、新年度。

指輪も無事サイズを直して
仕事中以外は薬指に。


矢野さんは開発部に戻り、
うちの管理部には、今研修中の
新卒女子1名が来ることになっていて
歓送迎会が月末に予定されていた。



4月なかば。

わたしとケイゴさんとアサミで
ごはん会実現。

中盤には結構打ち解けていた。
(こっちはお酒入ってるしね…)


「ケイゴさんはユキの何が良かったの?」

とアサミが聞くと、ケイゴさんが

「字がきれいなところ」と答えていた。

そこ?

「まぁ確かにきれいだけど。
 香典袋書くの頼まれたりしてますけど。他には?」
と冷静なアサミ。(笑)

ケイゴさんはしばらく考え込むものの
答えは出ず。



ケイゴさんの車でアサミを送ったあと、

「体の相性がいいって思いついてたんだけど」と彼。

確かに真実だけど、
あの場でそれは言わないで正解。(笑)

よかった…言わないでくれて…




そして、4月下旬の日曜日。

ケイゴさんの薬局スタッフの
バーベキューの集いに誘われた。

ご家族や恋人も連れてきていいらしい。

ケイゴさんがぜひおいでと言うので
緊張しながらも参加することにしたのだった。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。