Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > ラピスラズリ(連載中) > ラピスラズリ 31

ラピスラズリ 31

かくして、社用車の後部座席に
乗せてもらうことになった。
田島さんは助手席。

貴重な体験だ……

「山下さんちはどこなの?」

「この道をまっすぐ行ってですね…」
天野さんに聞かれて説明していたら、
田島さんが遮った。

「お前ら、どっちが年上?」

「あ、同い年みたいです。
今日岡田さんが仰ってて」
とちょっと身を乗り出して答えた。

「えっ!そうだったの?!
年下かと思ってた」

天野さんは仰け反るほど驚いていて
昨晩の梶さんの言葉を思い出した。

色気なしで経験もなく見えるのかな…
つきあったことはあるのだけれど。



派遣スタッフになる前。
正社員で勤めていた時に
つきあった人がいた。

私と違って明るい感じの彼とは
同期入社で1年ぐらいつきあったけれど
つまらない喧嘩で別れ、彼には
すぐに他の彼女ができた。

その彼女は私の後輩だったから、
気まずい思いもした。

そのあと、彼からやっぱりやり直したいと
言われたけれど、彼女のお腹には
赤ちゃんがいて。


………私も、やり直す気はなかったから
修羅場になることも、何もなかったけれど。


心は深く傷ついたし
人間関係に疲れて、会社を辞めた。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。