Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > ラピスラズリ(連載中) > ラピスラズリ 26

ラピスラズリ 26

「な……何でわかるんですか」

「えっ、マジかよ。冗談だったのに」

萩原さんの顔色が変わる。

「冗談……?」

暗い顔=失恋っておじさんの発想だよ!

困惑している萩原さんと
しばし見つめ合っていると
梶さんが出社してきた。


「おはよう、るりチャン!
あっ、萩原さっそく何しに来てんだ、
なれなれしいぞ」

「いえ、ちょっと山下さんに
質問があっただけですよ」

「若い子つまみ食いすんなよー」

「しませんって……」

27で若い子扱いされるこの職場。
ためいき顔の萩原さんと苦笑いした。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。