Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > ラピスラズリ(連載中) > ラピスラズリ 25

ラピスラズリ 25

失恋して、すごく切ないけれど
涙が出るほどではなくて。
でも、田島さんの顔は見たくないなぁ…

混んでいる電車に揺られ出勤する。
デスクに着き、チームの予定を確かめると
田島さんは午前外出となっていた。

顔を合わせないで済む……


「山下さん」
萩原さんがデスクに立ち寄ってくれた。
呼び方が苗字に変わっている。

「あっ、昨日はありがとうございました」

「いいえ。パピコ食わないの?」

「えっ?」

「コンビニで買ったでしょ。
冷蔵庫入れてるんだけど」

「あ、あー……萩原さん食べていいですよ」

食欲なんて全くない。
萩原さんはじいっと私を見下ろす。

「二日酔い?元気ないね」

「二日酔い………っていうか………」

「じゃあフラれた?」

「フラ………」

言い当てられてしまった。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。