Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > ラピスラズリ(連載中) > ラピスラズリ 2

ラピスラズリ 2

「山下さん、この見積取っといて」

田島さんがネクタイを緩めながら
私の席へやってきた。

ドキドキしながら見上げると、
ぴらっと紙を渡される。


説明を受けながら、田島さんの
男らしい手に見とれていた。


指輪はない。
まだ独身なのかなあ…?

田島さん、32歳。私は27歳。


「…聞いてる?」


いぶかしげな目をされて、
慌てて「聞いてます!」と答えた。





「山下さーん、お昼行こう」

声をかけてくれたのは社員の岡田さん。
私より2つ上の女性で、明るく可愛らしい。


「これ終わらせてから行きます」


田島さんに頼まれた用紙を見せると
「またか、自分でやりゃいいじゃんね〜」と
岡田さんが首をすくめる。


ちゃっかりしてる田島さんのことを
岡田さんは呆れているようだった。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。