Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > ラピスラズリ(連載中) > ラピスラズリ 155 立ち往生

ラピスラズリ 155 立ち往生

無理……してる。

でも、田島さんに甘えるわけには。


ただ、幸せになりたいだけなのに、
何が足りないのかなあ。




「だ、大丈夫です」

「……大丈夫じゃないでしょ。
何でそんなに、俺に肩肘張るの」

「…………」


肩肘、張ってますか。


張ってるとしたら、
そうしないと
田島さんにどこまでも
寄りかかっちゃいそうで。




肩肘張らないと、
何かが止まらなくなっちゃう気がして…



「俺、そんな頼りない?」


「頼りないなんて…」

答えようとしたら
ぽたっと頬に水を感じた。


空を見上げたら、雨。


「…降ってきたな」

「田島さんはなぜここに?」

「俺んちの近所だよ。」


雨は雪に変わりそうなぐらい
寒い日。


アフターピルのことで
頭がいっぱいで
寒さなんて気にしてなかったけど、
やっぱり寒い…


レディースクリニックのビルで
田島さんと立ち往生。


パラパラと小雨になって行くのを
二人で眺めた。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。