Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > ラピスラズリ(連載中) > ラピスラズリ 149 

ラピスラズリ 149 

「なんかるりちゃん、暗くない?」

翌日のランチ。
岡田さんが私の顔を覗き込む。


「………分かりますか」

「わかるよ~。ケンカでもしたぁ?」


はは…
そこまでわかるのか…。



結局まだ、産婦人科には行ってない。



行為後、
72時間以内に飲まなきゃ
いけないんだよね…
今は、ちょうど12時間経過してる。



岡田さんに話したいけど…

言えば、萩原さんの株大暴落なのは
目に見えてるし…


「ちょっとした言い争いです…」

「そうなのー?」


ああ、言いたいな…
私は男性を見る目がないから、
誰か冷静にジャッジしてくれたらなぁ。

って、なんて他力本願なんだろう…


ランチを食べ終えて、給湯室まで
ゴミを捨てに行った。

昼からの仕事は、田島さんと打合せだな。

はあ…と溜息をついたら、
ソファから視線を感じた。



「うわ、淳……いたの」

萩原さんが、頭ぼさぼさにして
私を睨んでいる。


「………昨日どこ行ってたんだ」


この高圧的な言い方。
前は好きだったけど、
夢から冷めた!

ぷいっと顔をそらして、
ポリバケツにゴミを投げ入れた。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。