Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > ラピスラズリ(連載中) > ラピスラズリ 136

ラピスラズリ 136

「えっ!実家に誘われたの!?」

岡田さんに、
年末の萩原さんからのお誘いを
話してしまった。

半ば強引に聞きだされたのが
正解だけど。


「深い意味はないらしいのですが…」

「ないわけないじゃんw
絶対結婚視野に入れてるって。
萩原さん32だよ?」

「そ、そうですかね…」


岡田さんに言われたら、
そんな気がしてきて
ドキドキする。


いやー、でも、
本人は深い意味ないって
言ってるし…



岡田さんは、両肘をつきながら
ほーっとため息をついた。


「いーなぁ、萩原さんかぁ。
人気あるんだよー、ほんとに。
…ま、この会社に
いい感じの独身の男が
ほぼいないっていう事もあるけど」

「そ、そうなんですかね…」

「意地悪されないように
気をつけてね」

「えっ?」


意地悪?誰に…


岡田さんはそれ以上
深く話すこともせず
お昼休憩は終わった。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。