Clarice Fantasy

大人の女性向け恋愛小説置き場。たまにR-18
           

Top Page > ラピスラズリ(連載中) > ラピスラズリ 135 周りのひとたち

ラピスラズリ 135 周りのひとたち

岡田さんと二人で振り返る。


田島さんはゆっくり、
回転イスを回して
こっちに顔を向けた。


「違うの?」


にやにやする田島さん。
これは知ってるな…


「…岡田さん、行きましょ」

「えっ?うん。行こっか」


田島さんとの会話を打ち切る私に
岡田さんは驚きながら事務所を出た。



岡田さんには、
萩原さんとつきあっていることは
自分の口で言いたい。



「るりちゃん、イブ
誰とデートすんの~?」

お昼ご飯を食べながら、
岡田さんが笑ってる。


私は、持っていたお箸を
お弁当箱に置き、
岡田さんの顔を見つめる。


「…ここだけの話で…」






すると、岡田さんが
「萩原さん?」と言った。



・・・・バレてる。




「知ってたんですか?」




「うん…だって、
萩原さん見てたら
わかりやすいし…」



「………」




一番隠したがっている
彼の挙動でバレてるなんて。


「バレてましたか…」

「うん…w
隠してるつもりなのが
微笑ましくて…」


私と岡田さんは、
こみあげる笑いを抑えられず
声を押し殺しながら笑った。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。